AWS RDS Oracle管理便利コマンド

DB界では有名なコンサルタント集団のPythianがAmazon Web Service RDS上のOracle管理で良く使うコマンドを書いてました。日本語の似たような記事も5年ぐらい前にクラスメソッドさんのブログで見ました。

exec rdsadmin.rdsadmin_util.flush_shared_pool;

AWS’s Top 5 Commands: ALTER SYSTEM and Managing SYS Objects in RDS | Official Pythian® Blog

ちなみに上の引用した ‘exec’ コマンドの最後の ‘;’ (semicolon) は必要ないと思います。僕がOracle社員だったかなり昔にsqlplus担当だったので気になりました。細かくてごめんなさい。m(__)m

弊社 Cloudera のお客さんもOracle使ってるところがあるので GV$SESSION とかはたまに見たりします。

ただし今ちょっと調べたところ Cloudera 最新版では一部の機能でRDS Oracleは現時点でまだ完全にサポートされていません。

MySQL as a backend database

Set up Amazon RDS as a Hive metastore

自分で AWS VPC を用意する場合は以下のようにOracle設定できます。

Oracle database to serve as the backend database for the Hive metastore.

Set up an Oracle database

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s