Intel OpenVINO seminar

昨日WeWorkで聞いてきました。ありがとうございました。

ディープラーニング、エッジAI、画像認識、Computer Vision

インテルOpenVINOでディープラーニング推論・体験ナイト@六本木 – connpass

image

弊社のお客さんでも以下のブログに書いてあるような方法でIntelのライブラリーを使ってるところがあるので興味がありました。

Intel provides the MKL native library as a Cloudera Manager parcel on its website.

Using Native Math Libraries to Accelerate Spark Machine Learning Applications – Cloudera Blog

Intel MKL(MKL-DNN)と OpenVINO の関連性が分からなかったのでGoogleってみたら興味深いIntelのページが見つかりました。

CPU vs NVIDIA GPU の部分などじっくり読む価値がありそうです。

In the future, we may explore using Intel® Processor Graphics to process these workloads.

Accelerating Deep Learning Based Large-Scale Inverse Kinematics with Intel® Distribution of OpenVINO™ Toolkit | Intel® Software

昨日聞きそびれた質問が上に引用した Intel Graphics の部分でした。上が答えってことでいいんでしょうか?

One thought on “Intel OpenVINO seminar

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s