Window10 WSL(Ubuntu)でMP3ファイル結合

このブログでも何回か書きましたがぼちぼちCygwinからWSLへ移行してます。今日はAudio CDからrippingしたMP3ファイルの結合して1つのMP3ファイルにする例です。単純ですがWSL以下の3点の機能をデモする良い例かと思います。あたり前すぎたらごめんなさい。

  1. Windowsの標準ユーザーファイルフォルダーのファイルを処理できる
  2. USBに書き込める
  3. catコマンドが短い。Powershellやcmd.exeでもone-linerでconCATenateできるとは思いますがコマンドの長さが5倍以上になると思います。

さて手順ですがまずはWindows Media Player(wmplayer.exe)で音楽CDの1トラックを1ファイルで取り込みます。

image

取り込んだMP3ファイルは以下のような感じのデフォルトフォルダーに置かれる

$ pwd
/mnt/c/Users/theki/Music/アーティスト情報なし/アルバム情報なし (2018-02-07 3-05-22)
$ ls -l 4*.mp3
-rwxrwxrwx 1 root root  403644 Feb  7 03:11 40 トラック 40.mp3
-rwxrwxrwx 1 root root 2316006 Feb  7 03:11 41 トラック 41.mp3
-rwxrwxrwx 1 root root 2331435 Feb  7 03:11 42 トラック 42.mp3

そして以下one-linerで結合してUSBに差し込んだMP3プレイヤーに書き出します。実際はUSBを事前にマウントしてます。

$ cat *.mp3 > /mnt/usb2/MUSIC/chn0.mp3

Cygwinと違ってブロックデバイスとしてCD-ROMドライブをアクセスできないそうなのでcdparanoiaなどlinuxの標準的パッケージは使えないらしい。

Bash on Ubuntu on Windows has its own advantages, but in CygWin, block device access works.

Block devices, (i.e. /dev/sda) ? · Issue #689 · Microsoft/WSL · GitHub

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s