Windows Updateでキーマッピングが消える現象への対策

Windows10で以下のようにレジストリ変更によりCaps LockとCtrl(コントロールキー)を入れ替えている方も多いのではないでしょうか。僕はこれだけでなく他にも5つばかり変更しています。

BootcampでWindows10を入れて環境構築するときにやったこと – Qiita

regeditから
HKEY_LOCAL_MACHINE>SYSTEM>CurrentControlSet>Control>Keyboard Layout>Scancode Map

7月にCreators Updateを適用したところこのマッピングが消えてしまい困りました。以下のように知られている現象のようです。おそらくMicrosoftさん的には正しい状態に戻してあげているってことだと思います。

Creators Update resets various settings and registry changes – Microsoft Community

Remap Caps Lock to Inactive

来月にもまたアップデートが入るようなので今回はあらかじめ対策を考えました。

Windows 10がまた大型アップデート その内容は? – 日経トレンディネット

今春行われた「Creators Update」に続く大型アップデートで、Windows 10ユーザーは無償でアップデートできる

レジストリの該当部分だけをエクスポートすることも考えましたが、それとほぼ同等でかつ新規のマッピングを定義するのにも使える KeyTweak というアプリを使ってみます。

Easy ways to remap a keyboard

To remap just click on any keys in the keyboard in the screen given.

“Key Tweak” は以下のメニューのように現在のレジストリを読み取りファイルにバックアップする機能があります。Update適用後キー割り当てが元に戻った場合、このファイルをKeyTweakで読み込めば自分向けカスタマイズを簡単に復元できると思ってます。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s