livesql.oracle.comでPL/SQLでJSON その5

LiveSQLでは無名PL/SQLも実行できます。Oracle 12.2でJSONを扱うPL/SQLが拡張されたので当日はそれをネタにしました。

Oracle Code TokyoでのJSONデモ その1

5月18日のセッションで私がデモでせっせと打ち込んだSQLを公開します。

PL/SQL部分については以下をコピペで実行しました。手抜きですみませんでした。今でもこのブログに以前書いたDDLとデータロードを実行すれば以下はどなたでも実行させることができるはずです。

declare
  wrk oracle_code.c1%TYPE;
  jo JSON_OBJECT_T;
begin
  select c1 into wrk from oracle_code t where t.c1.title like 'Oracle GO%';
  jo := JSON_OBJECT_T(wrk);
  jo.put('company',jo.get_string('company')||'日本の社員');
  dbms_output.put_line(jo.to_string);
end;

ちなみに5月18日同じ日にMySQLセッションもあったんですがMySQLではSQLで同等のこと(JSONドキュメントの特定の要素の変更)ができると説明されていたと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s